家庭でできるコンドームで萎える場合の回避方法

 

コンドームを付けた時にはいくら薄くともゴムの感触が邪魔をして感覚が弱まって萎えることも考えられます。しかし、避妊のために装着するゴムを装着したままでも勃起を持続させることが出来ることも事実のため、もしも萎えてしまうようであればコンドームの種類を変えてみたり、素材や感触、香りなど自分に合ったものを探してみることで勃起と射精に障害とならないゴムを見付けることが出来るかもしれません。

また、精神的や心因性のEDの可能性や勃起力が弱まっている、もしくは前戯が長すぎるという可能性もあります。

もしも萎えた時の回避方法

装着をして萎えてしまう場合にはよりゴムが薄く、装着感の少ない物を使用したり、手早く装着する方法があります。慣れれば数秒で付けることが出来ますが、もたもたしてしまうとムードが冷めてしまうだけではなく、その焦りから緊張や不安を引き起こして心因性のEDとなっている可能性があります。

家庭でも出来る回避方法として、一人でする時にイメージトレーニングをしながら装着をしたり、彼女に陰茎部分を触って貰ったり装着してもらうことで興奮を保つことが出来ます。また、勃起力の改善として精力剤を試す方法もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です